品川近視クリニックでレーシック

レーシック手術のリスク

「レーシック」手術は、視力で悩んでいる人には嬉しい技術ではありますが、ノーリスクというわけではありません。
手術ですから手術自体が失敗することもありますし、それによって失明をするということはほぼないに等しいものの、どんな人でも手術後は一時的に異変を感じる可能性は考えられます。

 

そして中にはその異変が長期的なものであり、別途治療が必要になるものや日々の生活が困難になるひとも稀に出てくる場合はあります。

 

ものが眩しく見えすぎるようになったためサングラスがはずせなくなった方や、重度のドライアイから別の疾病へと繋がってしまった方などもいらっしゃいます。
ですから、視力矯正のために「レーシック」手術は一つの、安全性の高い手段の一つではあるものの、そこにリスクがないわけではないことは忘れないでください。

 

おすすめは品川近視クリニックや錦糸眼科などの大手有名クリニックでレーシックすることです。品川近視クリニックは症例数もトップレベルですし、医師の技術レベルも世界水準で有名です。

 

「レーシック」手術を受けることで90%以上の人が、裸眼の視力を1.0程度まで回復することが可能です。
視力が0.7を下回ると、普通自動車運転免許などにも差し障りが出るため、視力が悪いことで日常生活にはメリットなどありません。
なるべく視力は良いに越したことはないですよね。

 

しかし、「レーシック」手術を受けると、暗いところでの視力がそれまでより低下する(見えにくくなる)という副作用のようなものが出る場合があります。
確率は低いものの、普段から暗いところで作業をする仕事に就いている方ですと、その生活に支障をきたす恐れがあるということです。

 

これは一時的に症状が出て、のちのち改善される場合もありますので、手術した角膜が落ち着くと症状がなくなったりします。
角膜は光の屈折率を決定している器官で、「レーシック」はこれを直接削る手術なわけですから、光に敏感になるのは仕方がありません。
光に敏感になるということは、裏を返せば暗い場所でも影響が出るということになります。

 

そのため、明るい場所で従来より強く眩しさを感じたり、またはライトのような灯りを見た場合にその光の輪郭がぼやけて見えるようなことが起きます。
「ドライアイ」の症状が出ると、目の乾燥が原因となって、強く眩しさを感じる症状が出ることもあるので、これらはセットになって顕れるかもしれません。

 

あまりにも「ドライアイ」の症状が深刻な場合、医師の処方した目薬などで目の水分を補うようにしましょう。
一時的に「ドライアイ」になった場合としては、1ヶ月程度症状が続き、その後角膜や涙腺が通常の役割を果たせるようになると気にならなくなるでしょう。